複数人

コウモリ駆除で大切なこと|被害の実態から業者選びまで

被害を防ぐために

一軒家

コウモリ駆除が必要なケースはどんな場合があるのでしょうか。まずは自宅や、店舗などの天井裏などからコウモリが出入りするようなった場合です。確実に巣があるといえるでしょう。コウモリは繁殖能力が高く、見つけた時点からコウモリ駆除をせずに放置しておくと、たった数年で100匹以上ものコウモリの集団に膨れ上がることがあるといいます。冬は冬眠をしますが、夏は繁殖期になります。1回の出産では3匹ほどが産まれるといいます。そして、春から秋にかけても活発に活動します。つまり、1年を通して四分の三は、活発に行動し繁殖するのです。そんなコウモリはどのようにして巣を作っていくのでしょうか。まずコウモリは、暖かい場所を好みます。そして、小さい穴からでも侵入できてしまうので、わずかな隙間から入り込み、天井裏の暖かいスペースに巣を作るのです。天井裏などは人目には付きにくく、気が付きにくいこともあります。特に倉庫や工場など夜間は閉鎖されている場所だと、気がつくことが遅くなる場合もあるでしょう。気がつかないうちに、コウモリがたくさん子供を産んで増殖すると、それだけ被害も大きくなります。コウモリは菌を多く持つといわれ、ノミやダニも寄生しているといいます。住み着かれて増えてしまう前に、早くコウモリ駆除をすることが重要です。コウモリが侵入経路が出入りするのを見つけたり、天井から糞の匂いやシミが出ることで見つけることもできます。早めにコウモリ駆除専門業者に相談するようにしましょう。